形成外科・皮膚科の保険診療、美容医療なら名古屋市中区の「こいずみ形成クリニック」へ。当院では、眼瞼下垂・陥没乳頭・腋臭・傷痕・ほくろなどは保険診療の対象です。眼瞼下垂は年間600例を行っております

〒460-0008 名古屋市中区栄4-13-19 TKビル5階

診療時間

10:00~18:30
(火曜・日曜は除く)

アクセス

栄駅より徒歩5分

お気軽にお問合せください

052-238-1230

Qスウィッチヤグレーザーとは

Qスウィッチレーザーは、太田母斑、老人性色素斑、扁平母班、雀卵斑(そばかす)、刺青などの深部に及ぶシミやアザに効果があります。

レーザーは、共振器の中で発生した光を鏡の間で繰り返し反射させることでエネルギーを増幅します。光の発生原が、YAガスのものをヤグレーザーと呼びます。

ヤグレーザーでは、1,064nm532nmの波長のレーザーを発生させられます。ある種の電気的なシャッターによって共振器に溜め込んでいたレーザー光を、シャッターを開くことで一気に放出させるため、数十ナノ秒という非常に短い時間(1億秒分の1)に強い光を発生するのが、Qスウィッチレーザーです。

従来のレーザーでは、周辺組織も熱変性を起こしますが、Qスウィッチレーザーでは周囲正常組織をいためることなく、確実にメラニン色素を破壊します。あらゆる色素性疾患の原因であるメラニン色素は、その存在する深さが様々なので、確実に消すためには、浅い層はもちろん深い層に存在するメラニン色素も破壊する必要があります。

Qスウィッチレーザーによるアートメイク除去

最近では、アートメイクが簡単にできます。顔を洗っても落ちない、朝のメイクの手間が省ける、すっぴんでもメイクをしているように見える、というメリットがあり、アートメイクをされる方は増えていますが、アートメイクはタトゥー(刺青)の一種なので、自分で消すことができません。イメージ通りにラインが入らなかったり、ファッションやメイクと合わなくなって消したいと思われる方も多いようです。

こういったアートメイクは、Qスウィッチヤグレーザーの照射により消すことができます。ただし、黒い色素をレーザーによって薄くしていくものなので、1回の照射で消えることはありません。1ヶ月~1ヶ月半おきに何回か照射することで色素が薄くなっていき、最後は元に近い状態に戻ります。( ※照射回数は人により個人差があります。)

照射後、一時的に濃くなったように感じることがありますが、しばらくするとかさぶたとなって取れ、新しい皮膚に生まれ変わります。初めての照射後は多少腫れることがありますが、レーザーが黒い色素に反応するので、回数を重ねて色素が薄くなればなるほど、痛みや腫れも少なくなっていきます。照射後には軟膏を塗ります。

アートメイクは深さによって除去に必要な回数が異なります。色素が浅い場合は1度の治療で終了します。深い場合は、2カ月おきに25回程度必要です。アートメイクが黒色のみの場合はレーザーに良く反応しますが、補正のために肌色が重ねてあったりすると、レーザー回数が多く必要になります。

Qスウィッチヤグレーザーの治療を受けた後は、お肌のターンオーバーを促進させるために、お肌の表面が通常よりも薄くなっています。そのため、通常よりも少ない紫外線量でもしみの原因となります。アイラインのアートメイク除去の場合はUVカットのめがねやサングラスをするなと、術後はしっかりとした紫外線対策が必要です。

お問合せ・ご相談受付中

お電話でのお問合せ

052-238-1230

当院は完全ご予約制です。ご予約希望の方は、お電話でお願いいたします。

診療時間:9:30~18:30
(火曜・日曜休診日です)

求人・スタッフ募集

当院ではスタッフを募集いたします。

看護助手 兼 エステティシャン 
1名

看護師募集の詳細はこちら

ご連絡先はこちら

こいずみ形成クリニック

052-238-1230

052-238-1231

info@meteor-clinic.com

​診療時間:10:00~18:30
(火曜・日曜は除く)

〒460-0008
名古屋市中区栄4-13-19
TKビル5階

院長:小泉正樹

診療は院長がすべて対応しております。

院長ごあいさつ

当院のご紹介・地図