形成外科・皮膚科の保険診療、美容医療なら名古屋市中区の「こいずみ形成クリニック」へ。当院では、眼瞼下垂・陥没乳頭・腋臭・傷痕・ほくろなどは保険診療の対象です。眼瞼下垂は年間600例を行っております

〒460-0008 名古屋市中区栄4-13-19 TKビル5階

診療時間

10:00~18:30
(火曜・日曜は除く)

アクセス

栄駅より徒歩5分

お気軽にお問合せください

052-238-1230

豊胸術

「胸が小さい」・・・胸の悩みで最も多いのがこれです。
胸を大きする方法としては以下の3種類ががあります。

脂肪注入によって胸を大きくする方法です。
この手術は、脂肪吸引を行うことでそのその脂肪を捨てずに、胸に注入する方法です。
この手術は以下のような方に向いています。

  • 胸をあまり大きくしたくないが、胸の上部がへこんできてこの部分だけハリを出したい。
  • シリコンや異物に抵抗がある
  • 体全体にメリハリをつけたい
  • 半永久的な効果がほしい
  • 胸にキズを残したくない

この方法は、脂肪吸引を行ったうえで余分な脂肪のなかでも良質な部分を取り出して注入します。
生着する脂肪は通常は20〜50%です。

では脂肪の定着をよくする工夫とはどんなことでしょうか?

まずは脂肪吸引で吸引した脂肪を低温で維持しておくことです。脂肪吸引は2〜3時間かかる手術です。吸引した脂肪をその間、常温においておくと脂肪細胞は死んでいきます。ですから吸引した脂肪は冷やしておいておくことです。そして、脂肪に血小板を混ぜることで定着をあげることが可能と考えられていますが、どの程度定着が上がるかはまだはっきりしていません。今の段階では混ぜれば上がるがどの程度かははっきりわかっていません。これについては今後学会などで報告されてくるものと考えています。また、取り出した脂肪をできるだけ早く注入した方がより定着します。ですから脂肪吸引が終わってから注入すると、脂肪を空気中に触れさせて置いて置くことになります。そうならないように、脂肪吸引の部位と同時に胸もしっかり消毒をしておいて、取り出した脂肪を随時注入していきます。それでも脂肪を冷やすことを忘れては元も子もなくなります。こういった細かいことを徹底することで定着率をあげることができます。

また定着を下げる要因として喫煙があります。脂肪注入後1〜2ヶ月は禁煙が望ましいでしょう。

脂肪注入後のしこりについて

まずいくらアレルギーのない自分の脂肪でも、一回に大量に塊のように注入してはしこりになります。乳腺内、乳腺下、大胸筋内な満遍なく、塊にならないように注入することが他重要です。そして、片方の胸で200ccまでが限度でしょう。いくら散らばらせて入れても300ccにもなれば脂肪同士が固まりやすくなりしこりになる可能性が大きくなります。

200cc以上入れたい場合は、2回に分けるなどしたほうがいいでしょう。

注入する層を変えて、まんべんなく注入し、限界を超えないようにすればしこりの可能性は少なくなります。

費用 ※脂肪注入の他に別途脂肪吸引の費用がかかります。

脂肪注入

胸 両方 初回(2回目以降半額です)

¥220,000

お問合せ・ご相談受付中

お電話でのお問合せ

052-238-1230

当院は完全ご予約制です。ご予約希望の方は、お電話でお願いいたします。

診療時間:9:30~18:30
(火曜・日曜休診日です)

求人・スタッフ募集

当院ではスタッフを募集いたします。

看護助手 兼 エステティシャン 
1名

看護師募集の詳細はこちら

ご連絡先はこちら

こいずみ形成クリニック

052-238-1230

052-238-1231

info@meteor-clinic.com

​診療時間:10:00~18:30
(火曜・日曜は除く)

〒460-0008
名古屋市中区栄4-13-19
TKビル5階

院長:小泉正樹

診療は院長がすべて対応しております。

院長ごあいさつ

当院のご紹介・地図