形成外科・皮膚科の保険診療、美容医療なら名古屋市中区の「こいずみ形成クリニック」へ。当院では、眼瞼下垂・陥没乳頭・腋臭・傷痕・ほくろなどは保険診療の対象です。眼瞼下垂は年間600例を行っております

〒460-0008 名古屋市中区栄4-13-19 TKビル5階

診療時間

10:00~18:30
(火曜・日曜は除く)

アクセス

栄駅より徒歩5分

お気軽にお問合せください

052-238-1230

二重を狭くする実際の症例

症例1~新たな切開線を入れて、眉毛につり上げ固定をした幅狭くする修正術

他院にて全切開二重を目頭切開を行ったが、広すぎた二重の修正を行った症例です。皮膚に余裕がないために皮膚切除は行うことができませんでした。

 

術前 開瞼

術前閉瞼

デザインです。

点線が今折れている二重のライン 実線が今回切開するライン、その間に白く見えるのが他院で行った切開線。見ての通り切開線で折れているのではなくそれよりも上で折れている

手術直後の眉毛への吊り上げ

新たな二重のラインが、以前の切開線や重瞼線に負けないように、二重のラインを眉毛につり上げ固定しています。目が閉じれないのでつらいです。

術後3日 吊り上げ中の開瞼

内出血がありますが腫れは随分と引いています

術後3日 吊り上げ中の閉瞼

目は完全に閉じれません

術後3日目で吊り上げ抜去

狭い二重がしっかりできています。左目(向かって右)は以前の切開線がシワ上に残っています

画像見出し

目が閉じれるようになりました

術後4週

術後3日で左目(向かって右)にあった以前の切開線のシワは改善しました

術後4週 閉瞼

目は閉じれています。傷は赤く食い込んでいますが、この時期は仕方ありません。1年ぐらいでかなり解除されます

術後6週間

目の開きがよくなって、二重は狭く維持されています。以前の切開線の再癒着はありません。

術後6週間 閉瞼

キズの食い込みはまだまだです。ただ、寝顔を見られなければ気にならないはずです。

術後12週間

二重は狭く維持されています。

術後12週間 閉瞼

キズの食い込みはまだまだです。ただ、寝顔を見られなければ気にならないはずです。

12週間目のうつむき加減の状態。化粧で隠せるかどうかの食い込みでしょうか?

キズの食い込みはまだまだです。ただ、寝顔を見られなければ気にならないはずです。

お問合せ・ご相談受付中

お電話でのお問合せ

052-238-1230

当院は完全ご予約制です。ご予約希望の方は、お電話でお願いいたします。

診療時間:9:30~18:30
(火曜・日曜休診日です)

求人・スタッフ募集

当院ではスタッフを募集いたします。

看護助手 兼 エステティシャン 
1名

看護師募集の詳細はこちら

ご連絡先はこちら

こいずみ形成クリニック

052-238-1230

052-238-1231

info@meteor-clinic.com

​診療時間:10:00~18:30
(火曜・日曜は除く)

〒460-0008
名古屋市中区栄4-13-19
TKビル5階

院長:小泉正樹

診療は院長がすべて対応しております。

院長ごあいさつ

当院のご紹介・地図