形成外科・皮膚科の保険診療、美容医療なら名古屋市中区の「こいずみ形成クリニック」へ。当院では、眼瞼下垂・陥没乳頭・腋臭・傷痕・ほくろなどは保険診療の対象です。眼瞼下垂は年間600例を行っております。

〒460-0008 名古屋市中区栄4-13-19 TKビル5階

診療時間

10:00~18:30
(火曜・日曜は除く)

アクセス

栄駅より徒歩5分

お気軽にお問合せください

052-238-1230

前額形成~おでこを丸く

 

※凸凹したおでこは、男性的でかわいらしさを失わせてしまいます。おでこを丸くすることで、女性的なかわいらしさを出すことができます。また加齢によっておでこの丸みは失われますので、若返りの要素もある治療です。また男性で眉骨が出ていると、男らしい反面、ゴリラや猿のおでこに似て、「かっこ悪い」と感じる場合も多く、男性も希望することが多い治療法です。

おでこを丸くする治療としては、

①人口骨を用いておでこを前に出す

②眉骨や眉間の骨を切って下げる

③上記の両方を行う

の3通りがあります。女性の場合は①を行うことが多いですし、男性の場合は②や③が多くなります。

 

症例はこちら

頬骨削り・エラ削り・リフト手術

左 手術前
右 手術後 4か月

hjhgfgfhg (2).jpg

hjhgfgfhg (1).jpg

hjhgfgfhg (4).jpg

hjhgfgfhg (3).jpg

手術後10日です。

手術前には頬がこけていましたが、骨を削ることで頬のへこみも改善しています。
注入などは一切しておりません。
かなりしっかり削りましたので、皮膚を切除するリフト手術を同時にしております。
切らない治療全盛ですが、骨を削る手術には切らない治療はありません。