形成外科・皮膚科の保険診療、美容医療なら名古屋市中区の「こいずみ形成クリニック」へ。当院では、眼瞼下垂・陥没乳頭・腋臭・傷痕・ほくろなどは保険診療の対象です。眼瞼下垂は年間600例を行っております

〒460-0008 名古屋市中区栄4-13-19 TKビル5階

診療時間

10:00~18:30
(火曜・日曜は除く)

アクセス

栄駅より徒歩5分

お気軽にお問合せください

052-238-1230

プチ整形

プチ整形って??

プチ整形とは?

これは極力メスを用いないで、治療後の腫れを極力少なくする治療です。たとえば、ヒアルロン酸注射、ボトックス注射などはその代表です。また二重の埋没法も含まれます。では 当院で行っているプチ整形を 説明していきます。以下のものがプチ整形の範疇に入っているかと思います。

INJECTION PROFILE.jpg

ヒアルロン酸注射でできること

  •  くぼみに注射することで、くぼみを目立たなくします。
    法令線・目の下のくま・こめかみ・頬のこけ
     
  • 鼻筋にいれたり、顎に入れることで輪郭を改善
    ここで注意することは、ヒアルロン酸はジェルなので、たくさん入れると横に流れていきます。鼻筋にいれるとアバターのように太い鼻の方がいますが、これは入れすぎですし、ヒアルロン酸の限界でしょう。こういったトラブルを回避するために、レディエッセを用いる医院がおおいですが、吸収されるまでに時間がかかるうえ、もし気に入らなかった場合、溶解することができません。当院では輪郭用に最新のヒアルロン酸『エレべス ELEVES』を用いています。

Syringe with needle.jpg

PRESS AD SIGNATURE.jpg

エレベスは粘性が非常に高いので、形を作ったり、盛り上げたりする能力、いわゆる持上力が高く少量で効果が出しやすいものです。

まとめると、目の下・法令線には テオシャール・レスチレンを用いますが鼻筋・顎には エレベスが適しております。また頬を丸くしたい・法令線をしっかり持ち上げたい場合もエレベスが適しています。下にエレベスとほかのヒアルロン酸との粘性・持ち上げ力の比較表です。エレベスはヒアルロン酸濃度が一番高く 架橋剤の性質から持上力が他のヒアルロン酸の2〜3倍あることがわかります。また粘性が強いので横に広がることがなく、鼻・輪郭には非常に有用と考えます。レディエッセと同じ効果のある、純粋なヒアルロン酸と考えています。ですから、万が一気に入らない場合でも、容易に溶解することができ、1時間でヒアルロン酸をなくすことができます。ヒアルロン酸が吸収されるまでに約1年2〜3か月です。

 

A社

Elevess

B社

 ヒアルロン酸濃度

24mg

28mg

20mg

mg/ml

架 橋 剤

BDDE

BCDI

BDDE

(特許)

付 属 針 

27G

30G

27G

G’/G”

1

3

1.5

弾力性 / 粘着性

持上率

基本は手術なのですが、1週間腕を上げることができなくなります。日常生活に困ったり、1週間もそれでは困るといった場合に注射で汗を減らすことができます。
ワキの部分の皮下にボトックスを注射することで、ワキから出る汗を出なくすることが可能です。
腫れもなく注射当日から普通に腕を上げることができます。
この治療は、持続期間が約半年ですので、定期的に注射する必要があります。ただ夏場だけ注射で汗を押さえる方もいらっしゃいます。
確実に汗が減りますし、ワキの汗染みで悩んでいる人にとっては、比較的容易に解消できる方法です。

メリット

ダウンタイムがなく、日常生活に支障がない。
効果は確実。

デメリット

持続期間が約半年で、永久ではない。

お問合せ・ご相談受付中

お電話でのお問合せ

052-238-1230

当院は完全ご予約制です。ご予約希望の方は、お電話でお願いいたします。

診療時間:9:30~18:30
(火曜・日曜休診日です)

求人・スタッフ募集

当院ではスタッフを募集いたします。

看護助手 兼 エステティシャン 
1名

看護師募集の詳細はこちら

ご連絡先はこちら

こいずみ形成クリニック

052-238-1230

052-238-1231

info@meteor-clinic.com

​診療時間:10:00~18:30
(火曜・日曜は除く)

〒460-0008
名古屋市中区栄4-13-19
TKビル5階

院長:小泉正樹

診療は院長がすべて対応しております。

院長ごあいさつ

当院のご紹介・地図